「豪華」に「重厚感」を加えた和モダン庭園。(ライティング)

一宮市 K様邸

ライティングにかなり拘ってお庭のご提案をさせて頂きました。

玄関周りはLIXILプラスGユニットのダウンライトに加え、門壁の笠木にラインライトを設置する事で門まわりを華やかに演出致しました。

さらに表札自体が光る物を使用しましたのでかなり華やかな演出が出来ました。

約1年前に施工させて頂いた外構デザインとトータルバランスを合わせるようにタイルの種類、使う商材を全体的に統一致しました。

駐車場後ろに設置した坪庭は石材メインのお庭でしたのであえてスポット的に照らすライトの設置はせず、ほのかに灯る行灯のご提案をさせて頂きました。

坪庭には最高級黒磨き石を敷きましたのでライティングを低い位置で設定する事で砂利もオブジェクトの一部となるように設計し、ご近所様の手前あまり強い光を放つ物は設置しない配置をご提案させて頂きました。

 

タカショーデザインパネル「クロス」にはラインライトを裏に仕込む事で夜になると幻想的な空間を演出する事が出来ます。

ライティングの中には初めての試みもありましたがお客様と密にお打ち合わせをさせて頂けた事で幻想的空間を作らさせて頂く事が出来ました。

有難う御座いました。

PAGE TOP